Web WordPress

WordPressでカテゴリーを一括で変更する方法[Batch Cat][プラグイン]

更新日:

Nietjuh / Pixabay

こんにちわ、@yuki_PHZです。

WordPressで記事が溜まってくるとそろそろカテゴリーを整理しようかと検討することがあります。

WordPressの標準機能でもカテゴリーの変更はもちろん可能ですが、一括で追加や外したりとなると機能としては物足りず結局一つづつ操作しなくてならないなんてことも。

そういう時はWordPressのプラグインを利用して時間短縮しましょう。

Batch catのインストール

カテゴリーの一括変更には、「Batch Cat」というプラグインがお勧めです。

ダッシュボードメニューのプラグインから新規追加を選び、Batch Catを入力して検索してください。

検索結果から上記画像のBatch Catが表示されたら、今すぐインストールをクリック。

インストールが無事完了したらそのまま有効化します。

Batch Catの機能

Batch Catはカテゴリー自体を新規で追加したり名前を変えたり削除したりする機能はありません。

Batch Catは、記事にカテゴリーを設定したり、追加したり、記事に設定してあるカテゴリーを外したりするプラグインです。

インストールが済み、Batch Catを有効化したら、ツールと設定にメニューが確認されます。

設定のBatch Cat Settingsでは、ツールでの1ページあたりに表示する記事の数を設定できます。

初期設定は15件になっています。

自身の記事数が多ければ、任意の数を入れて操作しやすいようにしましょう。

Batch Catのカテゴリー操作方法

ツールからBatch Catを開くと次のような画面になります。

上段が記事一覧になり、下段がカテゴリー一覧になっています。

searchで任意のカテゴリーのみの記事を表示させることもできますし、キーワードで記事を選ぶことが可能です。

Batch Catには3つのカテゴリーの操作する方法があります。

  1. 一つのまたは複数の、記事にカテゴリーを設定する
  2. 一つのまたは複数の、記事にカテゴリーを追加で設定する
  3. 一つのまたは複数の、記事に設定されているカテゴリーを外す

一つのまたは複数の、記事にカテゴリーを設定する

上段の記事一覧で、カテゴリーを設定したい記事にチェックを入れ、

下段のカテゴリー一覧で、記事に設定したいカテゴリーにチェックを入れます。

この際、記事もカテゴリーも複数チェックできます。

画像のように、カテゴリーが未分類の一つの記事の「テスト投稿A」に、カテゴリーの「カテゴリー1」を設定したいので、チェックをそれぞれ入れたら、「Set categories to posts」をクリックします。

無事、テスト投稿Aにカテゴリー1を設定することができました。

一つのまたは複数の、記事にカテゴリーを追加で設定する

すでに、「カテゴリー1」というカテゴリーが設定されている記事に、「カテゴリー2」のカテゴリーも追加で設定します。

画像のように、記事にチェックを入れて、追加で設定したいカテゴリーにチェックを入れて、「Add categories to posts」をクリックします。

無事に、一つの記事に、任意のカテゴリーを追加で設定することができました。

一つのまたは複数の、記事に設定されているカテゴリーを外す

カテゴリーの変更やメニューなどの大幅な変更を伴う場合には、カテゴリーを外したい時があります。

「テスト投稿A」に設定中の「カテゴリー1」「カテゴリー2」の二つのうち、「カテゴリー1」が不要になったので外します。

画像のように、上段でカテゴリーを外したい記事にチェックを入れて、下段で記事から外すカテゴリーにチェックを入れて、「Drop categories to posts」をクリックします。

無事、任意のカテゴリーのみ記事から外すことができました。

まとめ

記事上では一つの記事とカテゴリーのみチェックして操作してみましたが、チェックを複数入れれば一括で変更することが可能です。

Batch Catはシンプルなプラグインながらも、非常に実用性が高く必ず一度は必要となってくる機能です。

カテゴリー操作を行う際はBatch Catを試してみてください。

-Web, WordPress
-

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.