ブログ運営

初心者がモチベーションを下げずにブログ記事を投稿し続ける10のコツ

投稿日:

janeb13 / Pixabay

yuki_PHZ
こんにちわ、@yuki_PHZです!モチベーションを下げずに頑張ろう!

ブログ運営でモチベーションを下げないためには、何を行い、何をしないかが重要ですよね。

これから長〜くブログ運営を行うためのモチベーションを下げない10のコツをまとめました!

スポンサーリンク

毎日書く

やはり一番は、毎日書くということです。

よくブログを始める際に色々調べると「毎日1記事投稿する」って書いてあったりしませんか?

もちろん、毎日記事を投稿出来るのが理想です。

しかし、初心者だったりサラリーマンと兼業の場合なかなか投稿できないことが多いでしょう。

そのため、「毎日書く」ことに意識を変えてみましょう。

投稿ペースが遅くとも、毎日書くことで、記事は自ずと溜まってきます。

ドメインが力をつけてきた頃には、結果がついてきます。

雑記ブログはカテゴリー毎にバランスよく投稿する

MabelAmber / Pixabay

雑記ブログを選んだあなたは好きなことを好きなだけ書きたいからですよね。

良いチョイスです。好きなことを選べば、モチベーションを高めてくれます。

さらにいうなら、投稿する記事のカテゴリーをしっかりローテーションしてきましょう。

Aカテゴリーの記事を書いたら、Bカテゴリーの記事を書く。そしたら、Cカテゴリーの記事を書いてまたAカテゴリーの記事を書くという風にです。

これで一つのことを続けなくて済むので、飽きません。飽きないということは、モチベーションを下げることはありません。

それに、雑記ブログのはずなのに、トップページの最新記事一覧を見たら、ずーっと同じカテゴリーの記事が並んでいたら読者がなんのブログかわかりません。

毎日同じ時間にパソコンの前に座る

vborodinova / Pixabay

毎日同じ時間にパソコンの前に座りましょう。

ブログって好きな時に書けるから空いた時間にでも書こうかな、なんて思いがちです。

それはブログ放置という失敗の原因です。

なぜなら、ブログの優先順位が低く、後回しにされ、結局忙しいからと言い訳し、書かずに放置となるんです。

ご飯を食べる、お風呂に入る、家族と団欒する、ブログを書く。この考えで無いと続けません。

ブログの優先順位を最高に位置付けましょう。

テレビ等動画・音楽・ラジオ・オーディオブックを聞かない

rawpixel / Pixabay

音楽やラジオを聴きながら、またはオーディオブックを聴きながらブログを書くのはむづかしいです。

ブログを書くというのは、頭脳を使います。

筋力トレーニングならイヤホンをつけても出来ますが、ブログを書く行為ではそれらは雑音でしかなく集中出来ません。

ブログというメインの作業は完全にアウトプットであり、これらの音や視覚情報は受け身主体のインプットです。

中途半端なインプットのせいで、結局情報も身になる事も無く、音楽や動画を楽しんだりリラックスすることはありません。

きっぱり、ONOFFつけましょう。

アナリティクスは見ない

Tumisu / Pixabay

ブログやり始めはアクセスは来ません。

簡単に言うと、Googleのこのサイトはユーザーの利益になるか様子見している期間になります。

いくら見ても変わりませんし、アクセスの無いアナリティクスを見る行為はモチベーションを下げます。

アドセンスは見ない

nattanan23 / Pixabay

アクセスが無いから、自ずと収益もありません。

PDCAやCTAなども、結局アクセスやクリック数など結果を出してからではないと行えません。

きっぱりと割り切って記事を書きましょう。

ブログをやっていることを誰にも言わない

philm1310 / Pixabay

人にブログをやっていることを言ったところで、なんのありがたい話は聞けません。

言ったところで「え?ブログで稼ぐ?忙しいし無理じゃない?」と言い返されるだけです。

ブログをやろうと決意したあなたの思っている以上に、悲しいことに周りの人たちはただただ何もせず過ごしています。

そのことがはっきりとわかってしまいモチベーションが下がります。

誰にもブログをやっていることは言わず黙っておきましょう。

他のブログを読まない

Pezibear / Pixabay

わからないことがあったりしてネットで調べ物をすることは多々あります。

でも、ついでにブログを読み漁ってしまうのは危険です。

ただエンターテイメントを楽しんでいるだけですし、検索にヒットするのは今の自分とは雲泥の差のブロガーたちの記事ばかりで最悪意気消沈してしまいます。

ブログはゆっくりと、そして、しっかりと運営して育てていくものです。

自分のペースで行きましょう。

コーヒーを飲み過ぎない

rawpixel / Pixabay

コーヒーのカフェインの効果に頼りすぎてはいけません。

夜作業しようとしてコーヒーを飲んでも一時的なことです。

しかし、カフェインの効果により覚醒状態が続き疲労が蓄積され結局次の日の活動に支障出ます。

その状態で、さらにコーヒーを飲んだり、もしくエナジードリンクまで飲んだりするともう目も当てられません。

また、利尿作用があるため、作業時間を決めても度々トイレに席を立つなどして中断するのもよくありません。

下記引用の著書によると、コーヒーを飲むのは、コルチゾールという覚醒ホルモンの分泌量が減るタイミングが良いそうです。

1日において、コルチゾールと言う覚醒ホルモンのおかげで活動に身が入るとのこと。そのコルチゾールの分泌量が減るタイミングでコーヒーを飲むのがもっとも効果が高いそうです。

大前提として押さえておきたいのが、飲むなら「午前9時半~11時半」と、「午後2時~5時まで」の間に、ということ。

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる Business Life』(馬渕 知子 著)

飲み会に行かない

Gellinger / Pixabay

まず、ブログを書くと言うことに比べて優先順位が極めて低く、時間がただ無くなるだけでなく、アルコールの摂取を求められます。

アルコールの摂取量を自身でコントロールできるならまだしも、飲み会という場所ではそれは難しいでしょう。

そうして、2〜3時間の飲み会だけでなく、翌日にまで影響を及ぼし、ブログを早朝に書くと決めても書けません。

また、ブログを夜に書くと決めている場合には、飲み会に行ってしまえば書くことは出来ません。

そうなると、あなたのフラストレーションは高まり、そして社会人だからしょうがないよと諦め、結局ブログを放置してしまいます。

あえて言いますが、寄り道せずすぐ帰宅して夜ブログを書くか、寄り道せずすぐ帰宅して早く寝て早朝にブログを書くかしかあなたには選択肢がありません。

飲む前に自分をコントロールしましょう。

まとめ

ブログというのは、価値を作り価値を生み出す素晴らしい存在です。

書き続ければ望む将来が作れます。自分自身をコントロールしてブログを書いて行きましょう!

スポンサーリンク

-ブログ運営
-

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.