AFFINGER Web WordPress

追加CSSをテーマを切り替えずに簡単に確認する方法[WING(AFFINGER5)]

投稿日:

yuki_PHZ
WING(AFFINGER5)触るのが楽しい

新テーマを使うにあたって、管理設定のメニューは記録を取っていたものの、他のCSSの設定を記録していませんでした。

結構テーマの切り替えの際って、「消えちゃうかも」と不安になることがありますよね。

でも、大丈夫です。

テーマ切り替えをしても、ちゃんと古いデータは残ってます。

どういうことかというと。

カスタマイズの追加CSSはテーマ切り替え時に反映しない項目

WING(AFFINGER5)にテーマを変更して、管理基本設定は引き継ぐことは可能です。

ただし、カスタマイズでの色の設定などはまた一から設定しなくてはいけません。

ただ、WING(AFFINGER5)から横グラデーションやさらに細かく多くの部分の色等の設定が可能になっていますから、ブラッシュアップや新規に色調を整えてみるなどして楽しんで設定すると良いです。

ただ、忘れてはいけないのが、追加CSSです。

追加CSSは通常の使い方をしているのならば、AFFINGER4の場合にはAFFINGER4の子テーマに設定しているはずです。

新テーマに切り替えを行っても記述の引き継ぎはないので、この点は注意した方が良いです。

具体的には、追加CSSの記述をテキストやメモに保存しておく必要があります。

ただし、この作業をし忘れても、古いテーマの追加CSSのデータは消えることはないので大丈夫です。

WING(AFFINGER5)に切り替えを行い、しっかりと追加CSSの記述をコピペ等反映させ、もうAFFINGER4など古いテーマが必要になくなるまで、テーマを削除せずに保存したままにしておきましょう。

簡単に追加CSSを確認する方法

追加CSSをバックアップを取らずに新テーマに切り替えした場合には、どうしても古いテーマの追加CSSを確認したいところです。

そのために、いちいち古いテーマを有効化するのは面倒ですし、設定の保存など懸念が残りますのであまりやりたくないでしょう。

ですが、安心してください。

簡単に古いテーマの追加CSSの確認をする方法がありますので説明します。

外観からテーマを開く

WordPressのメニューから、「外観」→「テーマ」を選んで開きます。

テーマ一覧から任意の古いテーマにマウスオーバー

インストール中のテーマが一覧で表示されます。

私の場合はWING(AFFINGER5)の前は、AFFINGER4を使っていたので、AFFINGER4の子テーマの上にマウスオーバーします。

ライブプレビューを選択する

すると、サムネイル上から、「テーマの詳細」、「有効化」、「ライブプレビュー」が表示されますので、「ライブプレビュー」をクリックします。

古いテーマのカスタマイズから追加CSS

すると、AFFINGER4子テーマのライブプレビューつまり、カスタマイズが開きます。

あとは、追加CSSをクリックして開き、必要な記述をバックアップするなりして、新テーマにコピペして公開保存します。

-AFFINGER, Web, WordPress
-,

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.