ブログ運営

ブログの記事で何を書けばいいのかわからなくなった時の対処方法 ー とある法則が働いている

投稿日:

yuki_PHZ
ブログをやっていると、不意に、何を書いていいのかわかんなくなっちゃうことがあります。

実はそれって、チャンスです。オポチュニティです。

原因を認めて、一気にレベルアップを図るときがきたということなんです。

どういうことか、読み進めてみてください。

今あなたは不安になっている

何を書いたらいいのかわからなくなったことには、原因があります。

ブログをやっている人は、今だと、収益を得る目的で始める人が大多数だと思います。

ということは、グーグルアドセンスやアフィリエイトで思ったように売り上げが立ってないから、今まで書いた記事ではダメで、でも解決方法が見つからなくて、何を書いたらいいのかわからなくなってるってことになっています。

さらに、今まで通り書いても時間の無駄になるし、でも1日1記事書くのが目標で、でも書けなくて……。と、どハマりしてるんですね。

結果、現状と将来に対して不安になっている

その不安になっている状況っていうのは、実は、現状について理解の仕方でちょっとしたズレがあるんです。

どのブログにも大抵、1日1件約1000文字の記事を3ヶ月間続けて100件投稿することが、目標として掲げられています。

そして、素直になんとか頑張って、100%とはいかないけど、結構の数の記事を書いていた。

でも、広告がクリックされないんですよね。

 

頑張りの方向が少しズレていただけのこと

それもそのはず、頑張っていたのは、目標に掲げた期間と件数の記事を投稿することだったんですから。

広告を貼った記事さえ投稿しておけば、いつの間にか収益が出ると思ってしまっていたんです。

100件記事が書くという数字の目標になっていたから

いくつものブログに呪文のように書かれてある、3ヶ月1000文字100記事の法則(勝手に名付けました笑)はいつの間にか、そうしなくてはいけないかのような気持ちにさせてくれます。

なんどもなんでも、3ヶ月1000文字100記事の法則を目にしていたら、勝手に脳に刷り込まれて、まるでそれが出来たら成功するかのような気分にさせてくれます。

ただ、それって明確な数字の目的だから、目標にするにはとっても楽なんですよね。

収益目的のブログ初心者が、3ヶ月1000文字100記事の法則でブログを書いていたとしたら、一気に何を書いていいのかわからなくなって、モチベーションがだだ下がること間違い無いでしょう。

 

実は苦労することなくできると思ってしまっていたから

たくさんの収益報告されているブログを読んだり、初心者のための記事の書き方をレクチャーしてくれている記事を読んだりして、あなたはブログを書きはじめるときに、「とりあえず」ではじめませんでしたか?

とりあえず、書き続けることによって、結果が後からついてくると信じて。

そして、今結果がついてこないから、何を書いていいのかわからなくなっているんですね。

実はそれ、とりあえずの法則(勝手に名付けました笑)がネガティブ方面で発動しています。

とりあえず書いた記事には、「記事の書き方をレクチャーしてくれている記事」に書かれている具体的手法を、わかんないからor後からやればいいかと考え、全く取り組んでおらず効果の出る記事になっていません。

つまり、とりあえずの法則とは、自分のレベルに合わせて実現可能な項目のみ脳にインプットしてしまうという法則です。(念のためですが、私が勝手に作った法則です)

悪くいうと、一番楽そうなことだけしかやっていないのに、まるで全部やってる気になっちゃうことです。

もちろん、この法則のおかげで、1ヶ月100万円稼ぐよりも達成できそうな、記事件数の目標を達成できるのでデメリットばかりでは無いですよ。

そうして、達成できた件数だけを見て、すごく頑張ったのにおかしいなと思うわけです。

それは、すっかり、具体的手法をしっかり行うことが頭からすっぽり抜けてしまっているせいです。

 

いかにしてクリックしてもらえるか、本気で考える時期に突入した!!

原因がわかったところで、間違ってもネガティブな気持ちになる必要は全くありません。

あなたは、ついにスタートラインに立てたということなんです。

脱ブログ初心者のあなたは、自分の問題点を根拠のあるデータで見れるようになったということです。

自分のブログで読まれているのはどんな記事か、どんなジャンルか、どの広告が明らかに効果が無いか、それをアナリティクスはもちろん利用されている計測ツールで確認することができるようになりました。

それは、自分のブログの問題点をあぶり出し、一つ一つ改善していき、収益を生み出すブログへと変えていく段階に進めたということです。

だから、あなたは「何を書いたらいいのかわからない」と思えたのです。

 

すでに自分が知っている手法だった

では、何を書いたらいいのかという話です。

それは、先に指摘していることを思い出してください。

あなたの本当の疑問は、何を書いたらいいのか、ではなく、「どう書いたらいいのか」なんです。

つまり、初心に帰り、「記事の書き方をレクチャーしてくれている記事」に書かれている具体的手法について取り組んでいくことです。

本記事で触れませんが、タイトル付け、記事構成、文体、広告位置、広告リンク内容など、やるべきことはすでにあなたがたくさんのブログを読んで知っていることばかりなんです。

これから書く記事にも、今まで書いてきた記事にも、その具体的手法でブラッシュアップしていきます。

初心者の頃のあなたなら、わからなかったことが、今のあなたなら必要性が十分理解できるはずです

そうやって、記事を書く・データの取得・問題点を見つける・改善するというブログ運営のポジティブスパイラルに入ることで、一気に中級者→上級者に駆け上がっていくことができます。

 

いつの間にか楽な方法を探していた自分に気づきましょう

何を書いたらいいのかわからないとネットで検索していたときのことを思い出してください。

いつの間にか、現状を打破する特効薬を探し続けていませんでしたか?

自分のレベルが上がっていることに、盲目となっていてはダメです。

あなたは、すでに脱初心者の階段に足をかけています。

決して、楽じゃないことは最初からわかっていたはずです。

もう一踏ん張りして、あなたの本当の目標を叶えましょう!!

-ブログ運営
-,

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.