初心者用ブログ入門

書くことがなくなったら挑戦の合図。雑記ブログに新しい風を呼び込め!『初心者用ブログ入門』

更新日:

ブログって書くことがないって思ってしまう時があるんですよね。
ただ、それで手を止めてしまったら、今までのペースが無駄になってしまいます。

ここでは、ブログで書くことがなくなったときの対処法を説明していきます。

yuki_PHZ
あるある、それあるある。焦る必要ないぜ

一通り記事にしたあと頭が空っぽになる

ブログを書くにあたって、最初はこのネタで書いてくという強い意気込みがありますが、1ヶ月もすると尻すぼみになります。

やる気が無くなったんじゃなく、頭の中がスッキリ空っぽになるんですよね。なんか書ききった感が出てきちゃうんです。

すると、「あれ?何書けばいいんだ?」と手が止まっちゃうわけです。

これは、ゲームでとりあえずラスボスまでたどり着ついて、戦って倒した状態に似ています。一息ついたんですね。
ただ、大抵そこからがゲームのおもしろいところで、たくさんのやり込み要素はあるし、強くてニューゲームで2周目も出来るし、いくらでも楽しむことができます。

同じように、ブログも書ききった後には、もっともっと出来ることがあって、もっと良いものに作り変えることができます。

ただ、ブログの始めの段階であると、ゲームと違って結果が伴ってきません。
レベルや経験値、装備品やスキルが目に見えるゲームと違って、記事件数は増えても未だ増えないアクセスとクリック数に収益もまた手が止まる要因になります。

そんなブログの特徴も相まって、なんだかポッカリ空いたような、そんな気分に陥るわけです。

経験をネタにしたら、次は挑戦をネタにする

だからといって、気分が回復するまで待つのは、時間が勿体無いです。

そして、雑記ブログをやっているのであれば、それを打破することができます。

書くことがないなぁって思ったら、いっそ新しいことに挑戦してみてそれをネタにしてしまうことです。

やってみたかったこと、興味があったこと、もしくは興味無かったけど環境が適していて始めやすいことなど、自分の周りにはあるものです。

例えば、僕の場合は、バスフィッシングです。大きな沼やバス釣りで有名な川が近くにありました。釣り自体興味ありませんでしたが、ルアーなど道具について調べるうちに、たまたま職場の人がバスフィッシングをやっていたりすることが判明し一式貸してくれたりして始めやすかったのです。

始めたはいいですがまだ1匹も釣れていないまま冬に入ってしまったのでやっていませんが、釣れるようになったら是非記事にまとめてみたいことです。

スキー場の近くに住んでいる、サーフィンのスポットの近くに住んでいる、有名なフォトスポットの近くに住んでいるなど、自分の居住地を中心に何かないか調べてみるのが面白いです。

僕の家の近所には大きなボルダリングの施設もあり、いつかは挑戦したいことの1つです。

雑記ブログならカテゴリー1つ増やすだけ

雑記ブログなら、新しいことを始めて記事にしたい場合、カテゴリーを新規に1つ増やすだけでこと足ります。

新しいことを始めるにあたって、いちいち特化ブログを立ち上げては、手間暇が追いついてきません。

新しいことに挑戦することは、雑記ブログととても相性が良いことなのです。

また、記事をいくつか書いた状態で、もし飽きた、やってみたけど自分に向いてないことがわかっても無駄にはなりません。
自分が初心者として調べた内容なのでそのまま、そのことをやってみたい人にとって有益な情報になるはずです。

さらに、もし、あまりに記事として残しておくのも嫌だと思うなら、記事も消して、カテゴリーも無くしてしまえばいいだけです。熱のこもっていない記事は読んでもつまらないですし、Googleでも評価されないので、消してしまった方がブログの評価に繋がります。

そういう臨機応変に構築できるのが、雑記ブログの素晴らしい特徴です。

新しいことの挑戦は、好きなことを活性化させるきっかけになる

新しいことに挑戦することは、何も新しいことの出会いだけではありません。

やってみることで、今まで自分がやっていたことや好きな事を改めて向き合えるきっかけになります。
自分の向き不向きや好きなことがなぜ好きなのかを再認識することで、「書くことないなぁ」から「あれも書きたいこれも書きたい」と再び熱を持つことができるようになるのです。

yuki_PHZ
どんどん挑戦できる仕組みを自分で作ったのですから、思い切って新しい世界に飛び込んで人生もブログも楽しいものにしていきましょう!

-初心者用ブログ入門
-, ,

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.