やる気と勉強 孤独な社会人の生き方

集中して勉強するための2つの時間帯と活用方法

更新日:

スポンサーリンク

勉強する上で外せない大事な時間帯が2つあります。

その時間帯にうまく合わせることができれば、かなり集中して勉強することができます。

「午前9時半~11時半」と「午後2時~5時まで」の時間を活用しよう

その時間帯というのは、午前中の9時半~11時半と午後2時~5時までになります。

合計すれば、5時間30分の勉強時間になります。休日などでこの時間を確保し勉強することができるのであれば、かなりの量を勉強することができるのは間違いないでしょう。

また、この時間帯であれば、眠い目をこする必要もありませんし、食事時間もしっかり取れますので安心してください。

秘密兵器は「コーヒー」。脳を覚醒させて集中力を高めよう

なぜその時間帯なのかというと、その秘密は「コーヒー」にあります。

コーヒーにはカフェインが含まれていて、何と無く飲むと目が覚めて集中できるということは知っていますよね。

しかし、そのコーヒーも飲むべき時間帯と飲まないほうが良い時間帯があるのです。

コーヒーを飲まない時間はリラックスして過ごそう

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる Business Life』(馬渕知子著)

こちらの本によると、普段生活している中で、コルチゾールという覚醒ホルモンの分泌量が自然と増える時間帯があるそうです。

その時間帯というのが、「午前8~9時」「正午~午後1時」「午後5時半~6時半」とのこと。

つまり、この時間帯は、自然と覚醒ホルモンの分泌が増えるのを守るために、カフェインなどを摂取しないほうが良いそうです。

ちょうどこの時間帯は、朝食、昼食、夕食の時間帯に被っているのではないでしょうか。

この時間帯ではコーヒーを飲むのは控えて、しっかりと食事を取りリラックスして過ごしましょう。

コーヒーの飲み過ぎにも注意して!

コーヒーを飲んでても、最近集中できなくて体がなんだか怠いんだなんて人はいませんか?

あまりにも、常飲していると、脳の覚醒状態を引き起こし続け、さらには、コルチゾールの自然分泌を妨げていることになります。そうやって、自律神経が乱れることどだんだんと疲れを感じてくるので、勉強したいまたは仕事のする際にも、コーヒーを飲む時間と飲む量には気をつけましょう。

コーヒーを飲める時間が集中して勉強する時間

コルチゾールの分泌量が収まる時間帯というのが、冒頭でおすすめした時間帯である「午前9時半~11時半」「午後2時~5時まで」になります。

この時間帯で、コーヒーを飲むことでカフェインの効果により脳を覚醒させて、勉強に集中して取り組めるようになるのです。

その際、コーヒーの利尿作用に気をつけておきましょう。夏にコーヒーを飲むときには、アイスコーヒーにすることが多くなると思いますが、飲みやすいためガブガブと飲みすぎてしまうもの。そうすると、コーヒーの利尿作用と相まって、トイレに行く回数が増えてしまいます。

コーヒーは美味しく飲もう!

せっかくコーヒーを飲むんですから、ここはひとつこだわってみるのもいいのではないでしょうか。

というのも、ホットコーヒーなら香り強くでて、アロマの効果も期待できるからです。

そこで、コーヒーの豆もいろいろ試して見て、自分が一番好きだと思えるコーヒーを探してみるのです。

そうすれば、じっくりとコーヒーを味わいながら、コーヒーの香りも楽しみながら、そして、集中して勉強することができますよ。

試してみてくださいね。

おすすめ
25歳を過ぎたら手遅れ?そんなことない!人生を後悔しないための具体的な3つのやり直し方

続きを見る



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユキズ(@yuki_PHZ)

ユキズ(@yuki_PHZ)

Web系、ゲーム、写真、自己啓発系ありのブログやっています。やってみてきたことをまとめて発信中です。

-やる気と勉強, 孤独な社会人の生き方
-, ,

Copyright© WebLogz , 2018 All Rights Reserved.