何を撮る?

目的を作ろう!カメラ初心者の何を撮っていいのかわからない時の対処法

更新日:

yuki_PHZ
わからなくなった時は目的のためにどうしたらいいのか考えよう!

何を撮っていいのかわからないという初心者は実は多いと思います。

例えば、鉄道写真などは、私も挑戦したことがないのですが、よくカメラマンなどのトラブルなどで問題を取り上げられる事が多く及び腰になるでしょう。

では、何を撮っていいのかわからないカメラ初心者は、どうしたらよいのでしょうか。

写真を通してどうなりたいのか自分の将来のビジョンを明確にする

結論から言いますが、写真を撮ることでどうなりたいのかを考えて答えを作る必要があります。

とはいえ、大層なことではありません。

Instagramでたくさんいいねを貰いたいとか、写真撮影で生活したいとかそんなことでいいんです。

目的のゴールがあれば、それを達成するにはどうしたらいいのかを考えることができます。

写真は自由であることを知る

写真は自由であることを改めてわかっておきます。

写真は自分のカメラさえあれば撮影することができます。

そこに、撮影技法など技術的に絶対こうしなくてはならないなんていうことはありません。

最初は真似から始め、少しずついろいろな撮り方を試し、自分のスタイルを見つけていくことがカメラの楽しみの1つです。

自由には責任が伴うことを忘れない

自由だからこそ、責任が求められます。

無断で土地の立ち入りや、肖像権を無視した人物の撮影など、写真1つでも法で罰せられる可能性があります。

そういった意味での撮ってよいものかどうかは、具体的に調べておく必要があります。

さまざまな人や組織から許可を得る

しかし、意外なことですが、許可を得れば撮影を許してくれることが多々あります。

マナーや言葉遣いなど、一般常識を守れば怖いことはありません。

あなたに撮影の目的があれば、素直に申し出てみましょう。あとは、相手方が判断してくれます。

カメラを趣味にしたいのか、商売にしたいのか考えてみる

カメラを趣味にするのか、商売にしたいのかで、何を撮るべきなのか変わってくるでしょう。

趣味であれば気軽に撮れる撮影対象を選びますが、商売にしたいのならば、何を撮るべきか考えなくてはなりません。

私は一時期、webサイトの更新業務を行っていましたが、写真撮影も必要スキルでしたので、店舗訪問の際には写真をよく撮っていました。

写真家としてなのか、本業務に対する付帯業務なのかで、撮っていか無くてはいけない写真がわかってきます。

写真を撮ってます、と公言する

「写真を撮っています」としっかり公言しましょう。

かなり重要なので、必ず行いましょう!

自分のSNSでも、ブログやサイトなどでもいいです。

言葉の力というのは強いもので、写真を撮っていますと言う事で、自分の脳が写真を撮っているのが本当の自分だと認識させ、普段の行動を「写真を撮っている」事に近づけてくれます。

一方では写真家を名乗り、片一方では〇〇専門カメラマンを名乗って良いのです。

まずは、宣言し、後から行動でいいのです。

みんなの撮って欲しいを叶える

将来のビジョンが無いと何を撮っていいのかわからなくなります。

しかし、どうなりたいかがいまいち分からないよ、というならば、みんなの撮って欲しい願いを叶えてみてはいかがですか?

自分自身では何を撮っていいのか分からないけど、たくさんの人たちは自分では撮れない「何か」を誰かに撮ってもらいたいと考えています。

写真撮影の仕事はたくさんあり、自身もカメラさえ始めればすぐ始められますし、おこずかい稼ぎになります。よくあるのは、家族の集合写真の出張撮影などありますね。

そして、「何か」を撮らないといけないと思うと、自然と「どうしたらいいのか」「どんなレンズが必要なのか」など考えています。

つまり、何を撮っていいのかわからない状態から、どう撮ると良いか考えている状態へ進んだという事です。

結局これも、目的を作ったからこそ、考え始められたという事なんですね。

さいごに

yuki_PHZ
写真は挑戦ありき!どんどん試していこう!

何を撮っていいのかわからない時は、自分なりの目的やゴールを作ると良いです。

もちろん、すぐには作れないよという時は、身近にあるイベントに焦点を当てるのも良いでしょう。

例えば、仲間や家族との旅行などあれば、写真を上手く撮る事で全員の思い出にもなりますし、自分自身のスキルアップにも繋がります。意識して写真を撮ると、意外と立ち回りなどが難しく、レンズやカメラ設定など目まぐるしく変える事になります。

来週の家族旅行のために、ディズニーへの彼氏彼女とのデートのために、風景写真家になるために、モデル撮影の商業カメラマンになるために、あなたの目的やゴールはまさに際限なく自由にあります。

そこから一つ一つ試していって、自分の好きな写真やスタイルを見つけて行きましょう!

-何を撮る?
-

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.