仕事と会社 孤独と不安 孤独な社会人の生き方

新しい仕事を始める時の不安の解消の方法。他者の今は自分の未来として考えるのがコツ

更新日:

スポンサーリンク

新しい仕事を始めるときって不安がどうしてもありますよね。

会社内の異動でもそうだし、自分で自営業や起業するにしてもそうです。

先のわからないこと、しかもそれが生活にも影響するとなると、二の足を踏み、強いと始めることすら難しくなってしまいがち。

ここでは、新しい仕事を始める時の不安の解消の方法を説明しています。

不安は自分本位の考えから浮かんでくる

新しい仕事を始めるとき、どうしてもやったことがないことだと、やれるのか、やれなかったらどうするか、などネガティブなことが浮かんでしまうものです。

そういった不安要素は、未知、未経験なことをする際にはどうしれも沸いてしまいます。

ほかに、自営業や起業して仕事をしようということになれば、自分の生活についてより強い不安にかられることは想像が容易いことでしょう。

仕事といえば、思い浮かべるのは、お金であり、自分の生活、家族の生活、今の暮らしを維持できるのかが優先されてしまいます。

そのような不安は自分を中心に考えてしまうから浮かんでしまうのです。

一旦、落ち着くために、仕事は自分のためではなくお客やユーザーの喜びのために行うという原点に立ち返りましょう。

参考にしようと他者を見ても不安が増すばかり

未知、未経験なことについての不安を解消するために、成功している人や会社を参考にしようとすることは実は落とし穴だったりします。

成功している「今」だけを見ることは、結果だけを見ているようなものです。

その結果を今自分がやろうとするときに、果たして丸っとマネできるようなことなのでしょうか。

きっととても難しいはずです。

今行っているサービスのために、資金や人材をさらっと集めて作り上げることは、もともと大きな資本やバックボーンが無いと厳しいです。

そんな他者の成功を参考にしようとしても、自分には出来そうもないと落胆するのは目に見えています。

他者は自分の未来像と考える。出来ることしか今はできない

ですので、他者の存在は自分が新しく仕事を始めた先の未来の姿として考えるのです。

あくまで、始めた「先」の未来です。

漠然とした目標で全然かまわないのです。

自分が仕事を始めてうまくいくようになったら、こんな感じになりたいなぁと思うくらいであれば、他者と比較して自己嫌悪や無力感に陥ることは無くなります。

そうすれば、じゃあ仕事を始めるためにどうするか、なにをするか、現実的な部分を検討することが出来るのです。

今はできることしかできないということを認識することができれば、不安が生まれるようなことはありません。

焦らずまずは一歩踏み出すことからは始めよう

成功している他者も初めから今のような成功している状態では無かったはずです。

必ず始めの一歩があります。

自分の今できることをしっかり考えることで焦らないでいられます。

新しい仕事を始めることで、自分の手によって、たくさんの人の利便性や喜びを作れる楽しさを糧に、できることから一歩踏み出してみましょう。

おすすめ
25歳を過ぎたら手遅れ?そんなことない!人生を後悔しないための具体的な3つのやり直し方

続きを見る



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユキズ(@yuki_PHZ)

ユキズ(@yuki_PHZ)

Web系、ゲーム、写真、自己啓発系ありのブログやっています。やってみてきたことをまとめて発信中です。

-仕事と会社, 孤独と不安, 孤独な社会人の生き方
-,

Copyright© WebLogz , 2018 All Rights Reserved.