雑記

iPhoneを接続するとiPhotoが自動起動してしまう場合の対処法【Yosemite】

投稿日:

MacOS Yosemiteへのアップデート後、iPhoneを接続するとiPhotoが自動起動してしまう場合の対処法をご紹介します。

状況:「カメラ接続時に開くアプリケーション」を「割り当てアプリケーションなし」にしているにもかかわらずiPhotoが起動してしまう。

とても簡単です。

1.iPhotoを起動して環境設定を開きます。

1.png

2.一般タブの「カメラ接続時に開くアプリケーション」の欄を確認します。

3.一度、イメージキャプチャなど他の項目を選択します。

2.png

3.png

4.iPhoneを接続して、イメージキャプチャ(他の項目)が起動することを確認します。

5.iPhotoを起動し、再度「カメラ接続時に開くアプリケーション」を「割り当てアプリケーションなし」にします。

6.iPhoneを接続しなおし、iPhotoが自動起動しないことを確認します。

4.png

以上です。お疲れさまでした。

-雑記
-, ,

Copyright© WebLogz , 2019 All Rights Reserved.